ブログ

第54回社会保険労務士試験の合格者発表

令和4年8月28日(日)に実施された第54回社会保険労務士試験の正式な合格発表が10月5日(水)に公開されました。私の試験時代の経験を交えながら、試験結果を振り返ります。

目次

令和4年度(第54回)社会保険労務士試験 概要

第54回社会保険労務士試験の概要

◆ 受験申込者数 52,251人
◆ 受験者数 40,633人
◆ 合格者数 2,134人
◆ 合格率 5.3%

☞合格率は、高すぎることもなく、逆に低すぎることもなく、5%前後なので、標準的かと思います。

合格基準点・配点・基準点引き下げ科目(救済)

第54回社会保険労務士試験の合格基準点、配点、基準点引き下げ科目(救済)

合格基準点・配点

合格基準点

次の2つの条件を満たした者が合格

①選択式試験は、総得点27点以上かつ各科目3点以上(補正科目なし)
②択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上(補正科目なし)

配点

①選択式試験は各問1点とし、1科目5点満点 合計40点満点
②択一式試験は各問1点とし、1科目10点満点 合計70点満点

 基準点引き下げ科目(補正・救済)

選択式、択一式共に補正科目(救済)なし

救済科目なし、これが一番やるせない結果ですね。

最後に

今回の結果は、例年通りかなと思いますが、「救済科目なし」ということで、一番の驚きでした。私が受験した時は、合格発表は11月でした。その時は合格発表まで、時間の経過がとても長く感じていました。救済があるかないか、毎日ネットを見て自分に都合の良い情報を見て回っていました。私は3回目の受験で合格しましたが、救済に振り回された3年間でした。もう少し、受験生の努力が反映される試験になって欲しいと切に願います。

ブログの内容については、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 人事スキルを分析
  2. NTTグループのテレワークについて
  3. 2022年は大変お世話になりました。
  4. 社労士試験までラスト1ケ月 
  5. 謹賀新年

LINE OFFICIAL

登録者限定特典

 

助成金無料診断をプレゼント!

 

 

 

 

友だち追加

PAGE TOP